福岡看護師転職

看護師は夜勤をすると手当がもらえる
勤務する病院が、都市部にあるのか、地方にあるのかなどによって金額が少し違いますが、たとえば3交替制の場合であれば、1回あたり準夜勤で3、000円程度、夜勤で4、000円程度の手当が基本給にプラスされて支給されます。
 「今月はお金がいっぱい必要目という場合には、夜勤でがんばる、というはたらき方もできます。
 「3ヵ月後に海外旅行したいからその前はたくさん夜勤してお金を稼いで、師長の覚えをよくしておいて、有休休暇もとりやすくしておこう」といった作戦をとっている人もいるようです。

 

新人のころには、体が慣れなくて夜勤明けでI寝坊したUという失敗かあるようですが、ローテーションに慣れてくると、夜勤明への平日昼間の時間を上手に利用することができるようになります。
すいているに映画に行ったり、ショッピングを楽しんだりと、上手な時間の過ごし方ができるようになります。
夜勤明けにもかかわらず休日の解放感でテンションが上がり、「海を見に行こう」と同僚と、そのままドライブに出かけることもあるそうです。

 

夜勤でも安心な看護師の寮生活
 「準夜勤をやるのはいいけど、午前1時こ仕事が終わったら家に帰れない!?」と思った方もいるでしょうか。
真夜中に電車は動いていませんし、若い女性が夜道を歩くのも防犯上、ちょっと問題がありますよね。
このようなことに対応するため、大きな病院には看護師寮が備わっていることが多いです。
病院の敷地内か、ごく近い場所に寮が完備されていて、夜遅くなっても、歩いて寮に帰れる仕組みになっています。
これは究極の職住接近といえます。
通勤時問が大幅に短縮されるぶん、つい朝寝坊!ということにならないよう、注意が必要かもしれません。
ちなみに、看護師寮は昔の「看護婦寮」の名残のシステムなので、男性看護師は入れないこともあります。
病院の近くにアパートを借りて、一人暮らしを満喫している大もいるようです。

 

休暇の日数は一般的な会社員と変わらない
看護師というと、「夜勤もあって、なかなか休みもとれなくて、きつそういといったイメージが強いようですが、労働基準法に定められているとおり、きちんと週休2日制が保障されています。
もちろん有給休暇もあります。
仕事の性格上、国民の祝日などが休みにならないこともありますが、勤務日数の点で、じつは一般的な会社とあまり変わりありません。
有給休暇が希望どおりとれるかどうかは、看護師の人数や職場の雰囲気、管理者との相性などが関係するそうです。
よい人間関係を保っておいたぼうがいいのは、病院でも一般的な会社でも同じですね。

 

オススメの福岡看護師求人はここから